サイトマップ
ホーム > 鼻から胃カメラの特長

鼻から胃カメラの特長

特長1 吐き気が少ない検査です。

内視鏡の口からと鼻からの違い

風邪をひいたときの診察で、舌の奥をヘラみたいなもので押されて「オエッ」となりそうな経験をしたことがあると思います。

これを咽頭反射(いんとうはんしゃ)といいますが、口から内視鏡を入れる場合は、多少なりともこうした咽頭反射が起こります。

ところが、鼻から入れる場合は内視鏡が舌の根元に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査を受けることができます。

ページトップへ戻る

特長2 検査中に話ができます。

鼻から内視鏡中の女性

口から内視鏡を入れると、口がふさがってしまうために検査中は話ができません。
しかし、鼻から入れる場合は口を自由に動かせますので、検査をしている医師と

    「痛くありませんか?」
    「はい、大丈夫です」

というような会話ができます。
気になったことをその場で確認できるので、安心して検査を受けられます。

ページトップへ戻る

特長3 体にやさしい検査です。

体に優しい検査です

鼻からの内視鏡は鼻腔(びくう)へスプレーをして出血を予防し、ゼリー状の液体を流し込んで局部麻酔を行いますが、鼻の中に注射するようなことはありません。

麻酔に用いる薬が少量であるため、体への負担も少なく、検査終了後30~60分で水を飲んだり食事をしたり、車を運転することもできます。

ページトップへ戻る
受診できる医療施設はこちらから検索できます。
  • 「胃がん撲滅に向けて」
  • 「鼻から」の 内視鏡検査拡大中 スポーツジャーナリスト・ タレント 陣内 貴美子さん
  • and-fujifilm.jp